体験談:パドゥマナ padmana マルコニクス・ヒーリングセッション      
           
                       
                   
     
”私は全ての可能性であり、すべての答え、そして真実でした ”
  
 
                     〜 K. Sさん 〜
     
                   
     

M.Iさん

千恵さん、昨日はありがとうございました。
まだちょっと興奮覚めやらずといった感じです。

マルコニクスは、一言でいうと衝撃でした。

最初は何もないゼロから静かに始まり、「私が今ここに在ること、何でもないただの私」を感じていました。

そうしていると、私の上から何かが堕ちてきて、それを感じた瞬間、突然、光の粒のようなものが大量に突き刺さるように入って来ました。
まるで宇宙から彗星がいくつも堕ちてくるようでした。
あまりにも大量で、速くて、ちょっと落ち着きがないほどでした。

光の粒はまるで音符♪が跳ねているようにどんどん私にぶつかってきて、「ちょっと落ち着いてよー!」と思わず笑ってしまいました。
私はさらに可笑しくなってきて、声を上げて笑い出してしまいました。

そのうち足の方からも掌からも入って来て、あまりにも速くてせわしなく、私の身体中を「歓びが駆け巡っている」かのようでした。
私はくすぐったいような感じで、笑いが止まらなくなって笑い続けました。

その後はまた、私がここに在ることを強く感じる静寂がやって来ました。
そして、身体中に何かがピタッと張り付く感覚。
ワークは静かに現実の中で終了しました。

全く予想していなかった体験に非常に驚き、興奮しました。
統合した意識、ハイアーセルフは、愛に溢れ喜びに満ちていましたが、
とても可愛らしくユニークでせっかちでもあるような人間味も溢れているように感じられました。
私はベッドで横たわっていただけなので、この体験には驚きました。

今日の午前中まで頭痛と肩こりと背中の強ばりがありましたが、それらを純粋に感じるごとに、サラサラと古いものが落ちて飛んで行くようです。
身体中のあらゆる所から剥がれ落ちて消えていき、今は痛みはなくなりました。
本当にビックリしました。

やっぱり、「今、ここの私」を、この地上で存分に生きることが全て。
それに尽きるなぁと感じました。
う〜ん、実にシンプルで気持ちがいいです!

その後、だんだんとハイアーセルフとの距離がなくなり、親しみが湧いてきました。
今はハイアーセルフと共に在る感じがしています。
本当にすごいヒーリングで、今後の私の変化も楽しみです。
千恵さん、本当にありがとうございました!

p.s.
ヒーリングの後日談です。

日常で起きる家族や人との様々なことに対して、感情が波立ったり翻弄されることがほとんどなくなりました。
はっきり言って、どうでもよくなってしまったのです(笑)

今までも、他人を変えることは出来ないとか、その人その人に選択の自由があるとか、もちろん分かっていましたが、
そういう感じとは全く違って、自分の内側に完全に意識が向いていると他が気にならなくなる、興味が薄れる感じです。

それは、自分自身の存在を心から喜ぶと、他の人の存在もまた喜びであり、
人はそれぞれ自分自身の存在を本質から認めることが最大の喜びであるという気づきです。
私は私の今を生きているから、他の人がどんなことをしていようと、それはその人が今を生きているだけ。
ただそれだけだ、と。
自分を信頼すると相手も信頼できて、結果、安心して、自分に焦点が定まった感じです。

ですからあんなに気になっていた家族のことも、「まぁいいか〜、そんなことより今の私のこと〜♪」といった具合です。
その一週間後に夫から、進展に向けての協力要請が、私と子供達に話がありました。
このマルコニクス・ヒーリングは、周囲にも波及するのですね!

この先も楽しみです、ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・

 

N.Fさん

最初、瞼の下で眼球が激しく動いて、寝てないけどレム睡眠状態になりました。
その後、なぜか悲しみが押し寄せて来て、涙や嗚咽が止まりませんでした。

悲しみはしばらくこみ上げてきて…泣いている間、首から背中にかけて熱くなり、お腹にも違和感がありました。
千恵さんからのサポートの言葉、「大丈夫だよ、もう終わらせていいよ」と何度も肉体意識に伝えると、徐々に落ち着いていきました。

私が肉体に感じていたのに封印していた憎しみや悲しみを味わいつくした感覚でした。
そして、肉体に対して、「ごめんなさい、ありがとう」と心から思いました。

その後は、しばらくお腹がベッドにつくのではないか、穴が開くのではないかというくらいおへそが凹んだあと、
吸い込んだ空気を胸いっぱいに膨らませるという、深い深い呼吸を体験していました。

とてもリラックスした時間でした。
こんなに深い呼吸をしたのは初めてです、あれがほんとの腹式呼吸なのでしょうか。
深呼吸をしている間、手足は硬直して、まるで金縛りにあっているような感じでした。

途中で「グレース」という言葉が浮かび、この肉体と自分自身が融合したような感覚になりました。
そのとき自然と涙が流れましたが、最初の悲しみとは違う涙という感じでした。

ワークが終わって、初めて体がほぐれたような、軽い感覚を覚えました。
やっぱり涙が何度も溢れてきました。

自分では分かりませんでしたが、私のマルコニクスを見学していた他のクライアントの皆さんから、
「顔が全然違う」とか、「柔らかい雰囲気になった」とか、「綺麗になったね!」と終わった後に言っていただいて、とても嬉しかったです。
私の肉体は、実際に今世でとても傷ついてまだ傷が深く残っていたので、ずっと癒されていなかった肉体が喜んだのかなと思いました。

このワークの素晴らしさをたくさんの人に伝えたいです。
また今日は自分の体験だけでなく、みなさんの体験もシェアできる貴重な機会をありがとうございました。
同席いただいたみなさんにも感謝です!ほんとうに貴重な体験ありがとうございました。
みんなにもぜひ体験してもらって、シェアしたいです

・・・・・・・・・

 

N.Yさん

先日は、ヒーラー千恵さんによる素晴らしいマルコニクスワークを体験出来たことをとても嬉しく思い感じています。

噂のマルコニクスワーク…体験してみてまず感じたことは、
「自身の肉体に自身のハイヤーを受け入れ、この肉体に定着させる…」このような壮大なクラウニング・ワークを
私が最も信頼するヒーラー千恵さんから体験できたことが、最大に良かったということです。

何故なら、このワークの内容の性質上(どのようなワークでもそうですが…)、
ヒーラーを信頼していればこそ、安心して力むことなくその身を委ねられるものです。
このことは、イコール自身を信頼することにも繋がります。
クライアントとなって、改めてヒーラー千恵さんの在り方の素晴らしさを学ばせて頂きました。

さて、体験中の感想ですが…
頭上より!?目の前より!?、真っ白な光の道が(筒状のような道のような…)ドバーッと一気に身体中に差し込んだような…
そして、その光の帯はまるで水が流れ落ちるかのように身体の隅々まで到達し、
木の根が猛スピードで生え広がるように、自身の土=肉体にしっかりと根付くような…
その一連の流れは一瞬に身体中を駆け巡りました。

身体中が眩しいほどに真っ白に輝いている…まさにそんな感じです。

そして、面白いことに次に感じたのは「自由!!!」という解放感に満ちた感覚。
そうしたら、身体中の各関節を動かしたくなりました(笑)
「よーし、やるぞ!o(^_^)o」みたいな感覚と共に肩関節をグルグルと動かしてたように思います。
言っておきますが、自分の意識とは関係なく勝手に必要な場所が自由に動いて楽しんでるようでした。

関節の準備運動が終わると、次には腕や手を自由に振り回し、気分よく手からエネルギーヒーリングを放出しているような感覚でした。
この動き、しばらく繰り返し楽しんでいました。

この時の、「何と自由なんだ!!!」という解放感に満ちた感覚。
思わず顔がニヤける…そういった感じを覚えています。

ワーク中は、この身全体が、とにかくご機嫌!!!だったという体感・感覚でした。
ワーク終了後、身体中が滑らか感じでいっぱいでした。

活字では上手いこと表現できず、自分の左右の手を握りしめ「こんな感じ?(^。^)」と、アピールしまくっていました(笑)
声もお腹から出るようになりました。

何もかもが、ピタッと重なり合った!!!
というのが一番今の自分を表現しているのかなぁ…。

あと、大きく今までと差を感じたことがあります。
ハイヤーセルフとの会話です。

ハイヤーセルフの返事が、まず、体感や感覚で伝えてくるようになりました。
「あれ!?」って思って…『活字で表現して!』ってオーダーすると、いつものように仙人のような爺さん口調で伝えてくれます(笑)

マルコニクスワーク後、ハイヤーとの距離感が一気に縮んだというより、自身の肉体と一体化した感覚になりました!
スゴーイ!

千恵さんによるマルコニクスワークに感謝!!!です。
素晴らしい!!!
ありがとうございました(^^)

 

・・・・・・・・・

 

M.Nさん

 

ヒーリングが始まってから、奥歯が痛くて痛くてたまらなくなりました。

急いで帰宅し、まだ痛かったので早めに就寝いたしました。


朝起きてビックリです。

なんと、何十年もあわなかった奥の噛み合わせが、ピッタリあうではありませんか!

その後も噛み合わせはピッタリあったままです。

千恵さん、ありがとうございます。本当に驚くような体験です。

 

・・・・・・・・・

 

S.Kさん

大変ぼーっとしているため、どこからどう書いていいのか分かりません。

始まって突然に、「ヒューーーッ!ゴーーーーッ!!」というまるで嵐が吹き荒れるような映像と感情が溢れ出して、
いきなり涙がドバーッと溢れ出ました。

私の悲しみや憎しみといった様々な感情が渦巻く暗い宇宙に、彗星のようにも感じる光が暗闇をシュンシュンと四方八方に飛び交い始めました。
それは、自分の中の感情だけでなく色んな人達の感情のようにも感じられました。

そうこうしていると、ブラックホールのような暗い渦を巻くボルテックスの中にどんどん吸い込まれていく。
そしてブラックホールの暗い闇のようなところから、どんどんまばゆい光に反転していくように感じられるのです。
「闇は光でもあるし、光は闇でもあるのだ!」と、漠然と感じていました。

途中でその暗いブラックホールが真っ白な雪に覆われた富士山になり、私はそれを真上から見下ろしていました。
噴火口がブラックホールの様にも見えて、突然マグマが噴出し熱い火の粉が飛び交うような感じもあります。
「これは何だろう?」と、私は私の心の中のものを映し出しているのだろうか?と思いました。

マルコニクスを受ける前から胸に痛みを感じていましたが、受けている間もずっと苦しくて苦しくて、息を吸い込むのも大変なくらいでした。
自分の胸の中が小宇宙のブラックホールみたいで、胸に手を置いていないといられない苦しさです。

すると突然、海が出てきて潮が満ち、引いては満ちを繰り返し出しました。
月夜が出てきて、引き潮のところに沢山のカニが現れたり、
お腹の中に芽生えた小さい命が、へその尾を通して血液が流れ、心臓がドクドクいっている。
そんな「生命の誕生」のビジョンが出てきたりもしました。

自分が宇宙を漂っている粒子、光の一部のような感覚も味わい、少しずつ少しずつ胸の苦しさもおさまっていくようでした。
「世界は何て美しいのだろう」という感覚になり、感謝の気持ちが溢れて、涙が出てきました。

本当に最後の方は、言葉も感情さえもなくなって。
肉体も鼓動も無く、静かな真っ暗い闇にただ浮かんでいるというか…
意識だけはそこにあるといった感じで、ただただ静寂さだけがありました。
なんて穏やかな、「自分は死んだのか?」と思うくらいの静寂に満たされた感覚でした。

始まりから終わりまで映像を見ているのか体感しているのか何とも言えない感覚でした。
でも最後は、エネルギーさえもないと感じました。

それはいま思えばこんな感じです。

エネルギーも何もないところからビックバンが始まり、始まりは終わりで終わりが始まり。
生と死と、光と闇と、表と裏、植物が咲いては枯れて季節を巡るような、宇宙の営み。
いつまでも繰り返される無限のようなものを体感したような気がします。

私も宇宙の一部だから、マルコニクスを受けることは決まっていたのかとさえ思いました。
最初にあった自分の感情はどこへ行ったの?
感情さえなくなってしまった感じで、ポッカーンとアホな感じでした。

私は誰なの?何物でもない。肉体だけがここにあるといった感じ。
何も感じない、ただここにいる。
だから千恵さんに「いま何者になった感じですか?」かと聞かれたときに、「はじめまして」という感じです、と答えていました。

今までの私は死んでリニューアルしたのでしょうか。
そう、今までの自分は終わり、新しい自分になったのだと思いました。

 

・・・・・・・・・

 

K.Mさん

千恵さん、先日は1日に5人ものヒーリングお疲れさまでした。そしてありがとうございました。
最後のひとりとなった私は、あの時もう今日はご遠慮した方がよいかな?と思ってました。
それくらいこちらから見ていても、すごいエネルギーを感じていました。

ヒーリングが始まってからは、見学しているときのエネルギーがすごかったので期待してしまっていたのか、最初は何も感じませんでした。
私これで大丈夫なのだろうか?と思いましたが、前に受けた方に「期待せず、考えず」と言われていたので、
私も何も期待せず、何も考えず、ただ身も心も委ねようと思いヒーリングを受けていました。

一向になんの変化もなく、意識ははっきりしゃっきり。
そうしているうちに、ふと、進化への諦めからエネルギーの受け取りを拒んでいた方の場面が浮かんできたのです。

「あれ?なんで私、この光景をいま思い出しているんだろう?」と思った直後でした。
「新たな進化のエネルギーを受け取ることを、潜在的に拒んでいるようですね」と、千恵さんから言葉を掛けられたのです。

先週仲間と話している際に、自分が「古い、新しい時代とズレている」ということに気づき、
今まで感じていた違和感の正体がわかり、少し目の前の霧が晴れたような感じで、私にとってこの「古い」ということに対する気づきはかなり大きなものでした。

今回のヒーリングでも「古い」がポイントとなって受け取りを拒んでいたわけです。
でもここで千恵さんの助言で、「私は変わりたい、新しい時代に生きるんだ」と宣言したら、
スッと急にカラダが楽になり、全身がなくなるような感覚になりました。

そこで青白い湖が見えて、私のカラダはその中で青白い水の中に溶けていき、
そして静寂が訪れ、しばらくすると湖の中から私のカラダがゆっくりと再生され、形作られて出てきたのです!!

私自身はもっともっとハイヤーセルフとつながって、楽しくて今より幸せな生活をしたいと思っていたので、
自分がハイヤーセルフを拒否しているなんて思ってもみませんでした。
マルコニクス・ヒーリングを受けて思ったことは、どんどん変化していく時代の中で、私は頑なに同じスタンスで生きていこうと頑張っていたということです。
この素晴らしいタイミングでヒーリングを受けることが出来て、本当に感謝しています。

あれから数日が経ち、早くも変化かどんどんやってきています。
今まで培ってきたものを変えていくのにまだ私自身が抵抗しているようですが、意識をきちんと持って変化の流れに乗って行きたいと思っています。
ひと皮むけたら、またマルコニクスのヒーリングを受けたいと思いました。そのときはよろしくお願いします。
千恵さん、ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・

 

I.Mさん

千恵さん、今日はありがとうございました。
う〜ん。。。すごかったです!!今日のマルコニクスは( ゜o゜)
今頃になって興奮と感動が追いかけてきました〜(笑)

とにかく終わった時には『まったく何者でもない』状態で、何も感じてないことに拍子抜けするような感じでした。

とても静かで、平穏で、完全なフラット。
さざ波さえ立たない、静かな広い湖の湖面のような柔らかなフラット。
そこに暖かな、キラキラ光る光が漂うような感じ。
良いも悪いも、プラスもマイナスもなく、ゼロでもない、フラット。
そこにいるわたし。それが私。

地球の誕生、生命の誕生を感じ、それはそもそも完璧に完全であった。
そこから連綿と受け継がれてきた、この命、この私。
そして、この先も続いていく。

宇宙の全体性の中での一つの個として存在しながら、ずっと続いている。
そのそれぞれの線たちが全て交わり、均衡と調和を保つ、完全に完璧なこの世界。
誰もが、全てが、どう在ってもよいのだ。
だって、完璧なのだから。

そう感じたら、恐れが消えて、完全な信頼と安堵に包まれた。

そもそも、私は完全であったのだ。
それを思い出した。
完全で完璧な私であることを体感しているこの感覚。
完全であり、完璧な調和の中は、『なんでもない』感覚だった。
ただ在るだけの実在感。体感を伴ったフラット。

すばらしい宇宙のシステムですね。
常に、誰にとっても、何にとっても完璧に完全である。
どう在っても、どんな選択をしようとも、常に完全である。
こんなに心強いことはありません。

私の目に、たとえどんなに酷い事のように映ったとしても、それにはそれの役割があり、細かく張り巡らされた糸の先には繋がった人や何かがある。
そのバイブレーションを受けてしなやかに微調整し、完全な調和を保っている。

全てが一つである。
全てで一つ。
私という完全な個が、完全な宇宙の中にいる。
そして、全てと繋がって調和していた。
宇宙そのものだった。

だとしたら、私が完全なのは当たり前。
完全であることは当然だ。
宇宙なんだから。
これ以上の安心はないかも。
やっと本来の姿を見た感じ。
戻って来た。思い出した。ベールが取れたような感じ。

こうして言葉にしていて、ものすごいことに気づいたような気もしたけれど、なんだか、大したことではなかったのかも。
当然のことだったのだから(笑)
これが、なんでもない感覚の成せる技かもしれません。

前回のマルコニクスで私が感想を言い終わった後に、千恵さんが『私は今、Mさんの中に宇宙を見ています。』
と言った一言で、後々、私のマルコニクスヒーリングの体験や気づきがかなり深いものになりました。

その後、何日も何週間も、蜘蛛の巣のように中心から網目を伝って地上を気付きや学びが広がるイメージでした。

でも、やっぱり今回は必然的にワークをやってもらったから、あそこまで瞬時に深い学びを得たのだ感じてます。
完全性による必然ですね〜(笑)
マルコニクスは、しなやかで、いかようにも変化する柔軟性に富んだヒーリングなんだなぁと感じました。

先程、久しぶりに主人と些細なことで口喧嘩をして、怒りがボワーっと沸きました。
それを完全性のなかで見ていると、本当にお互いが学び合いをしているのが見えて、どんな私であってもいいんだという安堵に包まれました。
こんな風に日常の中で完全性を感じていくのはとても楽しく、ワクワクします♪
『日々それをしていると、自然と肉体に癒着している感情や観念が剥がれていき、よりマルコニクスのエネルギーが定着していく』と

 

今、分かったんです。
この前感じた、今まで感じていたプレゼンス、今この瞬間とはちょっと違う、あの時の平穏でなんでもない感じ。
何が違っているのか。

空のような、安堵のような感じ方はプレゼンスも同じ感じですが、
そもそも私の中でのプレゼンスは、『そこにいれば絶対に大丈夫』という条件付きの安堵であって、
つまりそこに居ようとする必要があったり、居られない時もあったり、簡単に入れるけれど出てしまう瞬間があることが前提だったのです。

でもこの完全性による完璧な今、この世界に入ってしまうと、そんな前提はありません。
既に、常に完璧だから、この上ない、信頼と安堵があるんですね!

 

・・・・・・・・・

 

S.Kさん

マルコニクスを受け始めて以来、そのプロセスにタイトルを付けるとしたら「進化の道」でしょうか。


昨年始めて受けたマルコニクス・ヒーリング。
それはあまりに衝撃的で、まるで宇宙のドキュメント映画を終始見ていたような感覚でした。
宇宙のいとなみ、永遠に繰り返される、無限のようなものを体感させてもらったような気がします。

始まりは終わりであり、終わりが始まり。
生と死と、光と闇と、表と裏。
植物が咲いては枯れ、季節を巡るような、そんな体感をしながら、
今までの自分が無となって、新たに誕生した感覚でもありました。

マルコニクス2回目の最初は、1回目の凄さの体験から期待しすぎていたのか特に何を感じるということもなく、
色々な思いを巡らせ時間が過ぎていくような感覚でした。
「何だろうな、今回は何も起こらないで終わるのか。。。」と思っていると、
突然、まぶしい光を感じはじめて、目がギューーーー!!と強くつぼまってしまいました。

「何だ!何だ!これ以上、目がつぶれない、顔が痛い!」とビックリしていると、
光のまっすぐな一本の道があって、私はその道をまっすぐ行くのだと漠然と感じていました。

そうこうしていると、まるでボブスレーのように、その光の道を高速で進んでいく感覚になりました。
この体感をのちに振り返ると、「光の進化の道を高速で駆け抜けていた」のだと気がつきました。
終わった後は肉体が無くなったような?不思議な感覚でした。

さらに、私は既にここまで進化をとげているのにマインドがついていかなかったようで、それに気づくために体感させられたのかとも思いました。
その後からは、朝目覚めれば、「私は進化した」、鏡を見るたびに「私は進化した」を、念仏のように繰り返し毎日過ごしていました。



マルコニクス3回目。
始めてすぐに左脳の頭部のあたりにエネルギーを感じはじめました。

ふと、「脳みそを入れ替えられている?」と感じながら、とってもありがたい幸せな感情が出て涙が出そうになってきました。
「あぁ、私は解放されて楽になるのだ」と、漠然とした思いが溢れてきました。

そうこうしていると、またあの体感です。
目がギューーー!!とつぶり始めて、もう顔が痛いのなんのって!!

そして今度は高い波がやって来て、ビックウェイブに自分が立っています。
その波が、さーーっと二つに分かれ、道ができたと思うと、シュワシュワと細かい水の気泡のようなものを感じました。
それを後で振り返り思うと、「細胞が入れ替わっている」感覚だったように思えます。

その後は、眠っている様な起きている様な心地の良い感覚で、肉体がピタっと何にも無いような軽い感覚。
最後は足からエネルギーが抜けていったかな?といった感じです。

この流れを思うと、新しい自分が誕生したとともに、どんどん進化をしていくための必要な作業が行われているといった感じです。
今は「私は進化した」から、「私はどんどん進化している」というマントラへ変更です!

この先はいったいどんな体験をしていくのか「進化の道」が楽しみです。

 

・・・・・・・・・

 

K.Eさん

初めてのマルコニクス。

始める前、「私は何も感じられないかもなー、まぁそれはそれでいいやー」という気持ちで受けたのですが・・・
そんな自分の思いとは逆に、びしばし気づきや体感を感じました(笑)

千恵さんがエネルギーを流すと、まず上へ上へ行きたくて、身体が持ち上げられるような感じがしました。
そして今度は下に下に突き落とされる感じがしました。
「なんだこれはー!!」と思っていたら今度は顔がぴくぴく痙攣しだし、そしてぐちゃぐちゃにかき回されるような感じがしました。

その時私は、今まで人の顔色ばかり気にして楽しくないのに、無理矢理笑ったり他人を気にしすぎて、自分の気持ちを押し殺していたなぁとふと思いました。
そんな事を思ったらある言葉が、ガツーンと降りてきました。

”唯一無二の存在”。

何回も何回も、この言葉が流星のように降ってきました。

そして私は「自分は素晴らしい人間なんだ!!!」と突然確信しました。
「自信しかない!希望しかない!」という言葉が連呼して降ってきたんです。
その時の言いようがない、とても満たされた感じがとても心地良くものすごく幸せでした。

そして今度はハイヤーセルフが私に抱きついてることに気づきました。
私もハイヤーセルフを抱きしめたくていたら、腕が勝手に動き出してハイヤーセルフを抱きしめたのです。

「これが統合なのか!、そうだこれが統合なんだ!!」
とても幸せで満ち足りた気持ちでいっぱいになりました!!!

そのあと私の身体が球体のように、まるーく大きくなり、そして今度は身体が小さく小さくなりました。
そのあとまた大きくなりました!

今までの私は、自分のことをとっても小さくて自分なんて何も出来ない、と思っていましたが
「違う、私はなんでも出来るんだ」
「こんなに私はパワフルなのだから!」と、最強の自分に変身出来たような感じがしました!!!

マルコニクスが終わったあとは身体が軽くて軽くて、スキップしたい気分でした。
本当に幸せで満たされて、とても自信に満ち溢れています。

今日はとても気持ちが落ち着いていて、歩くと一歩一歩がとてもパワフルな感じがします。
マルコニクスを受けて本当によかったですし、これからもどんどん進化するんだと思うととても楽しみです。
千恵さんとても貴重な体験をありがとうございました。

 

・・・・・・・・・

 

S.Mさん

あまり「マルコニクス」の知識も前情報もなく、体験者の方の感想文をいくつか拝見し、ドキドキワクワク・・で当日を迎えました。
「アホになって寝てればいいよ」って言われて、ひと安心… それなら出来る!
だってどんなにがんばっても、チャネリングクラスでは寝てしまうことばかりだった私。
今回は寝ていいよ!って、どんなに嬉しかったか(笑)


Yさんが受けてる間も緊張しながら様子を見つつ、呼吸をしつつ…
「寝ていいって言われると寝れないもんだ」なんて思いながら、後半になるにつれものすごい体の重さを感じ、
特に足・手・頭がグングン下にひっぱられ、頭が重くて首で支えきれない…と思っていたころにYさんのワークが終わりました。

いざ!自分がベッドに横たわり、目を閉じて「寝ていいよ、寝ていいよ」って自分に語りかけながら、ヨガのシャバアーサナのように体の力を抜いて軽く呼吸…

なのに!目がすごい勢いで動いている!
目の中にたくさんの命が吹き込まれて、勝手にみんながあちこちに動いているというか、
目の前360度にわたって取り付けられたものすごい数のスクリーンの映像を全部スキャンしながら情報を得ようとしている、というか…

「緊張しすぎて、目を閉じようとするから痙攣してるのかな」とかいろいろ焦りながらも、
とにかくその動きは激しくて、「寝れないよ」ってちょっとキレてました。

「こんなにも、目から得る情報に頼っていたのかな」など頭は若干パニック状態!
そのうち、その動きは少し和らぎ、今度はジンジンする感じ。

寝るほど落ち着いていないし、むしろ「何これ、何これ」って慌てているうちに、とても胸が苦しくなって、
「ワタシ」という着ぐるみの中から、別の物質がまるでホラー映画のように出ようとしている!

苦しい苦しいって思って、胸は引き上げられ、「もう出たい!出して!はなれた〜い!」ってものすごい強い思いを感じながらただひたすら呼吸をしていたら、
スポーンって、いやスルーってその痛みも苦しみもなくなり、「ホッと」する瞬間が訪れました。

苦しさや罪悪感…なぜかこの最中、1回目の涙が出た記憶があります。
それは安堵感でもあり、歓びでもあった…複雑な涙がこの時とこの後にあふれたような気がします。

ふ〜、ちょっと息がラクになって「さて、今度はワタシどこにいるんだろう」って…
何も見えないし、何も感じない、真っ暗な中、今度は気づいたら、物凄い体感で重力を感じていて、
スーパー早い新幹線にのって電磁波を感じているような感覚になって、ものすごい距離を一気にワープしている感じになりました。

ジーンと体がその重力を感じているうちに、何やら楽しそうな雰囲気に…
あたりはまだ暗いところだった気がします。
エンジェルたちが楽しそうに遊んでいるのを感じ、少しホッとしてその様子を観察していると、
その向こうにはエンジェルのボスのような人がいて、違うエンジェルに王冠のようなものを渡している儀式をしている…

「あれ、王冠を受け取っているエンジェルはワタシだ!」
それは本当に儀式だったのか、何だったのかもわからず、でもワタシはそれなりのしきたりに則って、礼儀正しくお辞儀とかしながらひざまずいて王冠を受け取っていました
「わ?、天使になった!」…
天使になったのか、天使の中の違う地位に達したのか。
とにかく「認められたんだ」という気持ちに近い、安堵と喜び・感動で涙がでました。

しばらく回りにいるエンジェルたちとその辺を行ったり来たり・・大きな羽根で飛び回っていた気がします。
するといきなり、感覚が体に戻り、目をつぶっている自分のはずが、本当は目を開いて、ベッドに横たわっている自分を足元に向かって見渡している感覚になりました。

それは横たわっている自分を浮いている上から見るとかでなく、横たわっている自分が頭はベッドにくっついたまま目線だけつま先の方をみている感じです。
その体がワークを始める前の自分ではなく、先程までエンジェルたちと遊んでいたそのエンジェルの服のまま、そのままが自分になっていたんです。

ワケがわからず、唖然…「は??」ってなりました。
でもベッドに横たわっているワタシがエンジェルと一体となったいうか、エンジェルがす?っと体をのっとった?感じ、入り込んで来た感じでもあり、
じょじょに、「あ、ワタシがエンジェルなんだー」って実感が湧いて来て、ここでまた歓びの涙が出ました。
まるでエンジェルのまま金縛りにあっている感じで、でもそれは本当に一瞬のうちに起きた出来事で、その早さにもとにかく驚きでした。

ただ、それは歓びでもあったし、「やっと」という安堵感もありました。
それでもまだちょっとワケもわからず状況が理解出来ていない自分にどうしたらいいか教えてくれるかのように、
胸のあたりに今度は小さめのエンジェルたちが、何人か飛び回り始めて…
「ほら!」って・・・
「さっきと一緒だよ、ついておいでよ、さっきみたいに飛べるよ」って言われた気がしてついて行ってみると、
さっきと同じようにワタシはワタシの体のままでエンジェルである、とやっと理解が出来ました。

しかも!ミュージカルのように、手を胸の前から左右に広げるとそれと一緒に小さな天使?
あれはキラキラした光だったのでしょうか…
どんどん自分の手から光る物を作り出すことがきたんです!楽しくて楽しくて!!

少し冷静さを取り戻したワタシは、嬉しさと楽しさと何より
「OH MY GOD! OH MY GOD! 見て!ワタシ、エンジェルだった!」って、みんなに言いたくて言いたくて仕方なくて、
顔がにんまりと微笑んで行くのを感じていました。

そして突然、ものすごく強い自信を感じました
「何も怖い物はない、世界だって平和にできる、だってエンジェルだよ!みんなを助けてあげられる!みんなで幸せになれるよ?」って沸々をわき上がる思い。
「なんて素晴らしい世界なんだろう」って、ここでまた少し涙していた気もします。

と、一転…ファンタジーな時間が突然止まり、体は突然どんどん…どんどん重くなり、
まるでピューターの置物のように、鉛の塊になってしまったかと思うほど重くなり、その重さはベッドを突き抜け、
ワタシの体は地面へ、地球の真ん中へ…とどんどん落とされて行きました。

「あれ、ここまで来たらもう背中にはマグマ?熱いのかな?溶けるのかなあ、これから」なんて塊になったワタシは
マグマにつくかつかないか、のあたりを上へ下へ行ったり来たり…
そして千恵さんの声が聞こえて来て、ワークが終わったことに気づきました

先程までものすごく重くて固かった自分の体は、逆にフワーっと膨張しているようで、どこまでが自分でどこからがそうでないのか、ちょっと感覚がありませんでした。
なかなか自分の体の感覚に戻りきれずにいましたが、千恵さんが少しずつ誘導してくださったので感覚を取り戻し、「ふ、終わった!」って。

それからはもう歓びが止まらないというか、ワクワクしてたいというか。
本当になんでもできる!という根拠のない、ものすごく強い自信があり、「悩んでる人とか意味がわからない」とかワケのわからないことを連呼していた記憶があります。
体中に音符が巡っているというか、なんか体が勝手に動き出してしまいそうな位、聞こえない音楽に合わせて体を揺らしているような感じ・・・

そしてその後…次の日の朝、「このまま仕事に行くと、職場での自分ってどうなるんだろう」など楽しみ半分、不安半分と
仕事をしながらこの体験談をまとめ始めていたのですが、その日の夜から熱を出して2日間も寝込んだことはご報告の通りです。

想像を絶するというか、こんなことになるとは予想もしていなかったので、ステキな体験をさせていただき、本当にありがとうございました!

 

・・・・・・・・・

 

O.Mさん

横たわるとベッドがすでに振動していて、その微振動が身体を伝わってきました。

セッションが始まるとまもなく、エネルギーが身体中に流れて、クンダリーニがフィボナッチ螺旋のように身体中、
ぐるんぐるんと動いて、可笑しくと可笑しくて笑いが止まらなくなってきました。

この時、これまで私のマインドは、クンダリーニのエネルギーですら限定してしまっていたのだと思いました。

本来の私は、もっと、もっと、限りなく自由!!
ベッドが背中を圧迫することや重力すら邪魔だと感じるほど、どこまでも自由に躍動して拡がっていくように感じました。
古傷の部分には、セルフヒーリングをしているときのようなエネルギーが入ってきて調整が行われているようでした。

「わたし」という全存在の自動調整が時空を超えて瞬時に行われているようで、 あっという間に整った感じでした。
終了後もとても元気で、心身ともに軽やかな感じがしました。

とても素晴らしいセッションをありがとうございました!
楽しかったです。

・・・・・・・・・

 

I.Mちゃん

「マルコニクス」を体験するにあたって、まずベッドに横になった時、とても緊張しました。
何か起こるのかな?と、様々な不安と期待でいっぱいでした。

いざ始まると、その同時に、可笑しくて可笑しくてしょうがなくって、煩いほどに爆笑していました。
とにかく愉快で、ただただ可笑しいのです。

身体が勝手に動くと同時にハイヤーセルフのエネルギーを感じ始め、金髪の女神のような姿のハイヤーセルフが自分に重なりました。
お腹に青い光を感じ、背中にくっつくようにお腹がへこむのですが、全く苦しくはありません。

途中何度か眩しいほどの光を感じ、手足、身体がハイヤーセルフと重なるのと同じように動きました。
身体の感覚は透明になってゆき、足元には銀河が広がっていました。
それと共にあらゆる感覚もなくなり、可笑しさの笑いと、勝手に動く身体に自然に身を任せていました。

しばらくすると、
今度は銀色の紳士的な宇宙人ハイヤーが自分に重なり、勝手に口が動いて宇宙語を話したり、歌ったりしていました。
その間も愉快で幸せで、今日一緒にマルコニクスを受けるために集まった方たちに、私はずっと宇宙語で祝福の挨拶をしていました。

ハイヤーセルフたちと一体になって、肉体を感じることは本当に幸せでした。
この幸せ感は言葉に出来ません。

こんな風に自分を許した感覚になったことは、今までなかったかもしれません。
それはこれらのハイヤーセルフたちが、私のエッセンスの一つ一つなんだ、と認めることが出来た喜びです。

終わってみて、生きているということ、人間でいるということがこんなに幸せなのだと気づかされました。
今までどれだけたくさんの考え事に囚われていたのだろうと。
この世界で生きることはなんて楽しいことなのだろうと。

自分、そして世界が「今」「そのままでいる」そのことを身体中で許し、認めて体験する喜び。
身体が透明で軽く、何の問題もない天国の様な楽園にいるみたいです。
呼吸も深くなり、体がぽかぽかと暖かいです。

ぜひ、またマルコニクスを体験したいと思いました。
またよろしくお願いいたします。

 

・・・・・・・・・

 

昨日はマルコニクスありがとうございました!
グループの中でも一番最初に受けさせてもらいましたが、私にとってそれが最善のタイミングだったようです。

受けている最中はしばらく光を感じていて、寝ていないけど寝ているような感覚に浸っていました。
しばらくすると、私の周りに黒い柵が取り囲んでいるイメージが見えて、私はまだ抱えてるものがあるんだなと思いました。
そうしたらそれが外側にバタッと倒れて、私の周りが一気に透明になったのです。

今までのワークやセッションでも色々なものを手放してきましたが、その核ともいえるものが「全て無くなった」感じです。
身体に染み付いたあらゆるものがクリアになった瞬間でした。

これだけでも凄いのに、私の後に3人の方がマルコニクスを受けれおられた間中、私もエネルギーの影響を受けて身体がずっと揺れ続けていました。
そしてだんだんと揺れは止まり、今度はひたすら光を浴びていました。
いずれにしても足元からはずっとエネルギーを感じていて、グラウンディングがちゃんと出来ていると実感していました。

そして最後の1人となった時、私は上から下からエネルギーで引っ張り上げられていたのです。
私を軸として、どちらかに片寄る事なく均一にエネルギーを感じていました。
そして、『完成』というメッセージを受け取りました。

私のマルコニクスは実際受けるだけでなく、他の人たちのマルコニクスのプロセスも経て完成したのだなと思いました。

上のエネルギーと下のエネルギーの中心は何になるのかなとふと思った時、私は宇宙を感じました。
そして全ての創造がそこにあると思いました。

今も意識をすると上からも下からもエネルギーを感じています。
という事は、私の中に宇宙があり、全てがあるという事です。
マルコニクスを受ける前は上にはあっても、自分の中にあると感じた事はなかったです。
そういう意味でも、ハイヤーセルフと統合ってこういう事なのかと思いました。

昨日の今日でこんな感じなのに、この先どうなるのか…凄く楽しみです!
このままシェア出来る様にあえて個人名は入れませんでした。
マルコニクスの素晴らしさ、是非他の人にもシェアしたいと思います。

 

・・・・・・・・・

 

H.Sさん

始まって少し経つとサードアイチャクラにギュッとエネルギーが集まった感覚がありました。
その後、頭頂からエネルギーが入って来る感覚。
例えるならば、剣がささるような、、、

私はどちらかというと感覚よりもビジョン派なのですが、この時もリズムを取ってタップをしている男性の姿が見えました。
その後、服の肩紐を下ろしたり、上着を脱いだり、お皿の上に載っている料理を処分している、などなどのビジョンが見えました。

私は全く動いている感覚は無かったのですが、千恵さんからのマルコニクスのエネルギーを受けて、手が動いていたようです。

終わった時の感覚は、まさに「脱皮 」でした。
重いエネルギーが無くなり、スッキリとし、なんだかクリーニングされて空っぽになったような。
あとは、大丈夫だという安心感もありました。

日頃、知らず知らずの内に色々なエネルギーを溜め込んでいるんだなということも感じ、今後も定期的に空っぽになりたいと思いました。
それにしても、マルコニクスのエネルギーとともにヒーリングしてくださるパワフルな千恵さんを目の当たりにし、頭が下がる想いでした。
本当にありがとうございました!!

 

・・・・・・・・・

 

K.Mさん

ヒーリングを受けるのをとても楽しみにしていたので、ベッドに横になりながら自分が口の広いコップになったようなイメージで、
全身の力を抜いてとてもリラックスした状態で受けることができました。

ヒーリングが始まるとすぐに頭頂部がムズムズし、髪が1本1本立ち上がるような感覚があり顔や頭部に熱感を感じました。
次に自分の意志とは関係なく喉仏がくりくりと活発に動き出し、そのことが自分の中でとても面白おかしくなって、笑い出しそうになってしまいました。
その感覚はまるで無邪気な子供が面白がっているような感覚でした。

その感覚を楽しんでいると今度は、「スーッ」というか「サラサラサラ〜」っというか、頭頂部からなんの抵抗もなく自分の中に何かが流れ込んで来て、
それと同時に暗闇の中に女性の顔が見えました。
私はその女性は異星人意識で、(ハイアーセルフの一側面でもある)オリオンの高次の意識ではないかと思いました。

すると今度は猛烈に眠くなってストンと眠りに落ちてしまったり、うつらうつらしていて途中の記憶が途切れましたが、
時折自分の顔や肩、腕や手、足などパーツごとにピクピクと動いているのを感じました。

ヒーリングが終わってからもとても眠くて、眠さが数日続いていました。
目に見えるような肉体的な変化はまだ感じないものの、さらに中今につながりやすくなり、
周りが騒がしくても、感情が湧き起っても瞬時に「今ここ」(自分自身)にいられるようになったのを強く感じます。
それと瞑想中に、自分の体が微妙に勝手に揺れ出すといったことが起こるようになりました。

私の体験談はお粗末ながら以上です。
貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
2回目のマルコにクスも楽しみです、どうぞよろしくお願いいたします。


・・・・・・・・・

 

F.Hさん

昨日はちょうど前夜から風邪をひき始めてしまい、頭がぼーっとしていて、目を開けているのが辛くて出来れば寝ていたい状態でした。
ですので、マルコニクスで横になったときは、わりとすんなりと眠りに入ったと思います。
マルコニクスを受ける際は、期待も不安もないまっさらな状態でで在ることが大切とのことですが、
それが私には難しい気がしたので出来れば眠って受けたい、と一回目のときも思っていました。
今回は幸か不幸かめったにひかない風邪をタイミングよくひき始めたおかげで途中眠ることが出来たので、あまりマインドが邪魔にならなかったのではと思います。

途中、ときどき目が覚めて感じたことは、頭や顔が痛いというか、なんだか調整されているような感じがありました。
手に螺旋のエネルギーが取り巻いているような感覚もあり、実際には動いていないのに、手が回って動いているような錯覚がありました。

途中、なんの脈略もなく飛行機事故のイメージが浮かんだりとか、
以前からそうなんですけど、なんで私はこういうときにわざわざ恐怖心を起こさせるような想像をするのだろうかと。
「まぁ、はいはい」って思ってそのまま受け流し、また眠ってしまいました。

こういう現実的な空想をすると、急に身体感覚が戻ってくる感覚があって、う?わ?、痺れてる?とか、ほほ?、今は眩しいのかとか。
わー今の空想、じゃまになってないかな?なんて、ちょっと気になったりします。
やっぱり、眠っていたいですね(笑)

そんな感じでほとんど寝ていただけで、ワーク中には特筆するような体験は何もありませんでしたが…
なんと終わって目覚めたときに、すごいことになっていました!

思い切り伸びをしたときの身体の感覚が、
なんというか・・・実在感覚がすごく心地いい。

力がまっすぐストレートに伝わっていくというか。
何がどう変わったのかはわからないんだけど、すべてが変わっている。
さっきまでとはもう、まったく違う!!

目がしっかり見えているし、音がちゃんと聞こえているし。
身体がバーーーっと光り輝いているような感じで、ハイテンションになっちゃう。
本当は踊り出したいような気持ちでした。

さっきまでの悩みが、嘘のように消えていて、いったい何をあんなに悩んでいたのかわからない。
私は私として実在している。ただそれだけ。
なんてシンプル!

悩みなんて存在しようがない。
この感じを忘れないようにしたいなーと思います。

マルコニクスは本当にすごいですね!
寝ているだけでいいなんて!
また、続けて受けていきたいと思います。

軽やかに人生を楽しんでいきたいです。
この世界で、肉体をもって生きる歓びを存分に謳歌したいです。
どうもありがとうございました!

 

・・・・・・・・・

 

K.Mさん

2回目ということもあり、何も期待せず、何も考えずただそこにいるだけ。
ただ受け取る。ということを意図しベットに横たわりました。

始まると頭のてっぺんと足のつま先がサワサワしてきて、その後はなんだか楽しくて楽しくて、笑いが止まりませんでした。
ハートチャクラのあたりでは一列に何かの物体(あとから千恵さんと話してイルカ意識ということが判明しました)がお尻をフリフリしながら楽しく踊っているのです。
それから落ち着いて静けさがやってきたと思ったら、またハートチャクラのあたりでお尻フリフリが始まったのです。

もう前半は楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。
こんなにお腹を抱えて笑ったのは、何年ぶりでしょうか。。。

後半は、膝から下、足のつま先までサワサワとして足の感覚がなくなってしまっていたのですが、妙につま先だけぽかぽかと暖かくなってきました。
「前進しない」という頑固なエネルギーに気づき、ハッとしました。

先日から私のテーマとなっている「古い」というエネルギー、回を重ねるごとに違った状態で出てきてくれてありがたいです。
これも私自身が前進する!と意図しているからでしょうか。
精神的には新しい自分になる、成長すると思っているのに、肉体的(DNA的)に反抗しているというのが衝撃的です。
ココロとカラダの奥深さをまたまた深く感じました。

最後はお祭りのあとの穏やかさと静けさという感じでしょうか。
何もない、何も感じない、ただ私が私と「一体」となり、宇宙空間に溶け込んでいるような感覚でした。

なんとも心地よい感覚。肉体がなくなったような軽さ。
広大な空間に私の細胞が細かい粒子となり溶け込んでいく。
そこには何もないのだけれど、たくさんの可能性がある、絶妙なバランス。
私が私を創造する。私が私の人生を作っていく。新たな私の誕生。

終わってからはなんとも感情がどっしりと落ち着き、何事にも動じない私がいました。
比較せず、ジャッジせず、ただ人の話を聞いている私。
一見、私冷たいのか?と思うくらいですが、もう人の目を気にする私はそこにいません。
この感覚はとっても気分がよい。ココロが軽い。

これからの私が楽しみになってきました。
マルコニクスという素晴らしいヒーリングと出会い、千恵さんというステキなヒーラーさんから受けられたことに感謝します。
ありがとうございました。

 

・・・・・・・・・

 

K.Mちゃん

まず、体がじわじわと温かくなり、そのうちに目の前で色々なお面や顔がカシャカシャとすごい勢いで入れ替わりました。
ぐるぐるシャッフルされているかんじで、顔はよく覚えてないのですが、唯一エジプト文明らしきマスクが見えたのはよく覚えています。

そのあと、上半身が起き上がり、宇宙を見ていました。
藍色の中に壮大な星があって、惑星のあいだをゆっくりと進んでいるイメージです。

この風景は、以前にとあるチャネリングした時に見た光景と似ているなと思いました。
その後、気づくと体は寝ていて、またその上で今度はたくさんの体がシャッフルされていました。

体はどんどん熱くなり、意図していないのに手足がピクピク反応しているのがわかりました。
終了直後は、「みっちみち」の言葉通りに、体は重くはないのですが手足の先っぽまで満ちて詰まっている感覚でした。
わたしの体の中にハイヤーセルフが詰まっている。不思議な気持ちでした。

体の反応としては、早速帰り道でお腹をこわし、月曜はほとんど食べませんでした。
それから胃が昨日まで痛くてあまり食べられず、体が受け入れられていないのだろうか・・と思い
劇的に変化してるんだよ、素晴らしいことなんだよ、頑張ろう!とさすってみました。

ついでに、月曜は起きたら腰が重くてびっくりしました。
胃が調子よくないので、ついでにデトックスしてしまおう!と思い、以前から気になっていた、ハワイの塩とレモンを溶かした水を飲むというデトックス方法をやりました。
その後、レモン水が良いとフォローメールを頂きましたが、偶然で良かったです!

 

・・・・・・・・・

N.Kさん

今回初めてヒーリングというものを受けさせていただきました。

まずはじめに頭にジリジリとした感覚があって、続いて手の先、足の先にピリピリ感がありました。
そして体全体がぼんや?りと温かくなったあとで、ビジョンが浮かんできました。

緑色のしっとり湿った森の中の大きな木の高い位置にあるような、まるでハンモックのようなエネルギーに包まれながら私は宙に浮いていました。
そして繭のように金色の光が体を包みこんでいて、その黄金の光は確かにそれらからの光りだと分かるのです。
この感覚を例えるなら、風の谷のナウシカで、オームの触手が金色の絨毯になるような、それに近い感じがしました。

私はそのイメージを外からも内からも見ていました。
ヒーリング終了後には頭の先から足の先まで鳥肌が立ち、ビリビリした震動や体感が内側から沸いて出てきました。

私は自分の根本にあるもの、本質とつながっているんだと実感したり、確認することができた体験でした。

 

・・・・・・・・・

N.Yさん

緊張と期待からか、仰向けの体勢がとても窮屈に感じた。
いざ始まると額(第6チャクラ)にジリジリと熱を感じ、むず痒くなった。
勝手に瞼が開いたり閉じたり、喉の詰まりを感じていた。
しばらくして急に可笑しくなって吹き出してしまった。
と同時に、喉の詰まりも取れて呼吸が楽になって、自然に顔が緩んで微笑んでいた。

それ以降はブラックホールのような暗闇の世界にいた。
恐怖や不安は全くなかった。
穏やかで美しい暗黒の静寂の中で、ただエネルギーを感じていた。
両手は冷え切り、腰はものすごく熱かった。

終わった時にも私の中に宇宙を感じた。
そして、頭と手を除く身体の境界線がなくなっていた。

それから徐々に頭は冴え、首から下はとても重いのに軽い不思議な状態になりながら見学をし始めると、あっという間に静寂の中へと戻る。
重力から解放され、ひたすら心地良さを味わい続けた。
そして、重さを感じた瞬間、肉体に引き戻された。
それが終わりの合図。

あっという間の出来事のようで残念に思いながらも、内側にもう一人の自分がピッタリと貼り付いているような感じがあり、揺るぎない自信とやる気が湧いてきた。
何でも来い!ドンと来い!って感じだった。

翌朝一番、下半身がぶっとくなった!幹が太くなったみたいで、ものすごい安定感を感じた。
時間も重さも消えて、ただここに在る。
以前より深い所にいたように思う。
これも自分自身に還るプロセスの1つなんだなと漠然と考えた。
そして、龍安寺の石庭を思い出した。

ここを越えると世界が反転する。
その境目みたいな所にある「くびれ?窓?」という肉体側から、向こう側の宇宙を眺めている自分。
窓枠に手を掛けていつでも行けるけど…ただジッと眺めている。

動く気はなさそうだ(苦笑)
行くもなにも、スイッチ(意識)1つで入れ替わる…

 

・・・・・・・・・

M.Tさん

マルコニクス・ヒーリング4回目、終わった直後。

世界は完成した。
その世界を、次の世代へ引き継ぐのだ。

自分の頭のてっぺんから、中心を通って、身体の軸を抜けていくエネルギーは、1本筋が通って、細く、鋭く、抜けていく。
このエネルギーは、遥か遠いところから、自分の身体を串刺しにして、遥か遠くへ向かって行くもの。
これが本来の自分であるという感覚。

 

・・・・・・・・・

 

T.Mさん

受けている最中は、肉体が粒子になって宇宙と一体になったり、赤々と蠢くマグマの上にいたり、
目まぐるしく変化したかと思ったら、眩いばかりの光に包まれ、目を閉じているのに眩しくって目をあけていられない、と感じました。

そうしたら今度は自分が水風船みたいになって、そこにゼリーのようなものが入ってきて、私の隅々までそれがぐいぐいと満たされていくのを感じました。

その後はそれがジェットコースター何百台にもなって肉体中を駆け巡り、その中に微笑んでいる顔、というかエネルギーをたくさん感じました。
ものすごく幸せな、祝福の微笑みです。

何も怖くない、終了後にお伝えした「万能感」、私は完全である。という感覚です。

重力を感じないくらいとても軽やかだけれど、自分のなかに自分がしっかり納まっている。
そんな気づきで私は満たされました。

その翌朝起きたら頭痛と腰痛、だるさがありましたが、少し休むとやわらぎました。
ケーキを焼こうとしたらこれまでにないほど集中して、それはまさに瞑想を行っているかのような感じでした。

 

 
                       
        お申し込み・お問い合わせは、こちらをクリックしてください。            
       
スピリチュアル ・プレゼンス パドゥマナ padmana
           
                       
   
copyright (c)  コピーを禁じます padmana.biz  since 2006  All rights reserved.